季節 庭 畑

番人くんが働く季節

一年中働く番人くん

 

野良猫の被害はどの季節が多いのか?答えは「ほぼ一年中」です。季節によって野良猫から受ける被害は
様々ですが、「番人くん」はその全ての被害を防ぐことができます。

 

春の野良猫被害

 

春の野良猫で困るのは、暑さ・寒さを気にすることなく、動きが活発化することと、
発情期もあって、猫同士の交尾や喧嘩などの接触が増えることにあります。

 

 

発情期

 

 メス猫の発情期が1月〜2月、5月〜6月、8月〜9月とあり、オスの発情期はメスに誘発される形となります。
 あっちこっちでさかり声や、オス同士の喧嘩の他、少量のおしっこをまき散らすスプレー行為が見られ、人間に
 とって迷惑な存在となります。

 

 また、猫はネズミ並みの繁殖力を持っており、2匹の猫が1年後に15匹になった例もあります。できれば、お
 住まいの地区で広く「番人くん」を設置して、野良猫が広範囲に分散し、交尾をする機会を減らしましょう。

 

 

ノミ・ダニ・寄生虫

 

 発情期に伴い、猫同士の接触が増えることによって、ノミやダニ、寄生虫の感染が増えます。これは、お家の
 飼い猫にとっても危険な状態で、外に出た時にこれらに感染した野良猫に襲われたりすると、感染して帰って
 くることになります。また、ノミやダニの種類によっては、飼い主にも被害が及びます。

 

 2017年7月には、マダニに咬まれた野良猫に噛まれた50代の女性が、重症熱性血小板減少症候群で死亡する事故
 が発生しています。

 

マダニ

 

 

畑や花壇への被害

 

 せっかく育てた野菜や果物、きれいに咲いた花が、野良猫に荒らされたり、糞をされたりします。これは、自分の
 縄張りの中で、「遊び場」として認識されたか、またあるいは「トイレ」として認識された可能性があります。
 特に、トイレとして認識された場合は、糞尿の臭いや寄生虫の可能性でも困ることになります。

 

畑荒らし

 

 

夏の野良猫被害

 

夏は、5月〜6月に交尾した時の子猫の出産時期を迎えるため、メスの親猫は多くのエサを必要とする時期です。

 

 

ゴミ漁り

 

 野良猫にとって、確実にエサを得られる場所が「生ごみ置き場」です。しっかりした管理がされている場所は、籠の中
 に入れたり、蓋付きのごみ置き場であったり、または上から網をかけたりしますが、一部ではごみ袋がそのまま各家庭
 の前の路上に置かれている自治体もあります。

 

 夏にこれらのゴミ袋を破られ、中身が散乱すると、きつい臭いが漂い、さらにそれをカラスが散乱させるので、衛生面
 でも好ましくありません。

 

ゴミ荒らし

 

 

冬の野良猫被害

 

冬の野良猫被害は、主に寒い屋外において「暖を取るため」の行動が、被害を及ぼします。

 

 

家屋への被害

 

 場合によっては、暖房のために空気を入れ替えるためにわずかな時間開けていたドアや窓の隙間から、家の中に侵入
 します。猫は狭い隙間でも「頭」が通過する幅さえあれば侵入でき、あるテストでは、その幅は7cm前後です。

 

 

車両への被害

 

 停めたばかりの車のエンジンに暖を求め、人が去った後に車の下からエンジンルームへ潜り込みます。翌朝、気が付かず
 にエンジンをかけると、最悪の場合、回転部やベルトに巻き込まれて、ボンネットの中は非常に悲惨な状態になります。
 日産自動車がHP上でも「警告」を発していましたが、エンジンをかける前にボンネットを叩いても、狭いところに挟ま
 っていることもあり、安心できません。

 

エンジンルーム

 

 また、昼間の比較的暖かい時間帯は、ボンネットやバイクのシートを占拠して昼寝していますが、そこに飛び乗る際に、
 爪でひっかき傷を付けられる恐れもあります。猫は狩猟のために、常に爪を尖らせておく習性があります。飼い猫でも、
 家の中に爪研ぎを置くのはそのためです。

 

ひっかき傷

 

 

 

 

車を守る

リンク集

番人くんが働く季節記事一覧

野良猫から、お家の庭や畑を取り返したい!野良猫は縄張り意識が非常に強いため、一度自分で決めた縄張りは毎日脅されたくらいでは簡単には手放しません。50m〜100mの狭い範囲で行動している野良猫は、勝手にその縄張りの中でトイレや遊び場を決めています。そこで自分の縄張りにエンジンを止めたばかりのポカポカ温かい車があれば、何らかの手を打たない限り、寒い冬の間毎晩「暖かく寝る場所」として潜り込まれることにな...