やってはいけない 野良猫対策

やってはいけない野良猫対策

これはやってはいけない

 

車のエンジンルームに潜り込んだり、ボディに傷をつけたり、また庭や畑を荒らしたり・・・
実に腹立たしい野良猫ですが、「これはやってはいけない」対策もあります。

 

 

ペットボトル

 

ペットボトル

 

古典的な猫除けとして、家の周りに水を入れたペットボトルが置かれて
いました。
これは、全く効果が無いばかりか、水がレンズの役目をして火災が発生
したり、街の景観を損ねたりと、全く良いことはありませんでした。
番人くんは火災の心配もなく、景観を損なうこともありません。

 

 

 

 

大きな音

 

大声

 

大きな音や声を出しても、その場で逃げていくだけです。
すぐに戻って来ますし、音に慣れてくると気にもしなくなります。
また、夜間は大きな声もうるさい音も発することは控えたいですね?
番人くんは、人間の耳にはほとんど聞こえないモスキート音なので、
うるさいと感じることはありません。

 

 

 

 

トゲトゲシート

 

トゲトゲシート

 

猫の肉球に不快感を与えるのが目的ですが、全く効果がありません。
簡単に棘を避けられる上に、隙間を歩いたりします。
番人くんは、発射角80℃で、7mほどの範囲では逃げようがありません。

 

 

 

 

 

 

忌避剤

 

忌避剤

 

猫が嫌いなニオイを発するのが忌避剤ですが、効果を発揮するのは撒い
てから数時間のみです。
時間の経過とともに効果は薄くなり、また、雨が降るとその時間はさらに
短くなります。
番人くんは、猫が接近した時に作動して、常に最高の効果を発揮します。

 

 

 

 

エアガン

 

エアガン

 

時々新聞紙上で「動物虐待」として扱われます。
中にはBB弾を50mくらい飛ばす強力なものもあり、危険です。
動物愛護法に違反することになりますので、絶対にエアガンで野良猫を
撃ってはいけません。
番人くんは、野良猫を傷つけることなく遠ざけます。

 

 

 

 

不凍液

 

不凍液

 

自動車用の不凍液を混ぜた餌を罠として仕掛け、それを食べた猫は最終
的に死に至ります。
近所の飼い猫も巻き込む恐れがあり、どこで死ぬか分からない上に、残酷
な動物虐待です。
こちらも違法な手段となる可能性があります。
番人くんの超音波は、猫の体に悪影響を与えません。

 

 

 

人には聞こえない、猫には恐怖の超音波の番人くん

 

貴方の愛車を野良猫から守る「番人くん」のお求めは

こちらからどうぞ!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

トップへ

リンク集