売れる 理由

だから売れる番人くん

なぜ売れる?野良猫を寄せ付けない番人くん

 

今、野良猫対策グッズ「番人くん」が売れています。なぜでしょうか?

 

捕食2

 

           番人くんの音は、捕食者の音

 

 

つまり、野良猫を寄せ付けない手段としては、これ以上ないベストの方法なのです。
人間だって、身の危険を感じる所を避けたいですが、動物は本能のままに逃げ出します。
何度か危険だと判断すれば、近寄らなくなります。

 

 

野良猫は生ごみ収集日にゴミ置き場に集まって来てゴミを漁り、周囲にまき散らしたり、

家の周りにフンをしたり、農作物を荒らしたりと、いつもやりたい放題です。
時には家の中まで入っていくるやっかいな存在ですね?

 

冬は、止めたばかりの車の暖かいエンジンルームに潜り込んで寝るので、

翌朝そのまま気づかずにエンジンをかければ大参事!

 

でも、冬にエンジンをかける前にボンネットを叩くことを知っている人は

 

わずか34%!

 

しかも、夏にはやらないので、習慣になっていません。

ボンネットをバンバン叩くことを忘れた結果がこちら・・・

 

猫グチャグチャ

 

とてもまともに見ることができない画像なので、モザイクをかけています。

こうなったエンジンルームを、自分で掃除する気にはなれません。

 

 

エンジンをかける前に、ボンネットを「バンバン」叩くとよいと言われていますが、猫がこんなに狭いところに挟まっていると、

すぐには逃げ出してくれませんし、子猫だった場合にも、モタモタヨチヨチして、素早く逃げることができません。
「あ、大丈夫だ!」と思ってエンジンをかけた瞬間「※◎?△Ь♂!!!」と言うことにもなりかねませんね?

 

猫挟まれる

 

でも「番人くん」があれば冬に「ねこバンバン」を忘れても大丈夫です!

 

冬は車に危害を加え、春は繁殖期の鳴き声で騒音被害をまき散らして、花壇や畑を

荒らし、夏は生ごみを荒らして臭いをまき散らす、迷惑な野良猫を超音波で撃退!

 

逃走猫

 

「番人くん」は、乾電池式なので、配線要らず!場所を選ばずに、どこにでも設置できて、
貴方の車をこんな事故から守ってくれる強力な猫よけグッズです。

 

番人くんの電源がソーラーではない理由

 

超音波野良猫対策グッズの中には、電源をソーラーパネルからの充電に求めるものがあります。
しかし、悪天候が長く続いたりすると、充電が不安手になるため、作動の確実性が損なわれます。
このため、番人くんは野良猫に対して確実に作動する、乾電池式を採用しています。
作動は猫が近づいた時だけなので、電池も長持ちです。

 

 

貴方の愛車を野良猫から守る「番人くん」のお求めは

こちらからどうぞ!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

リンク集

番人くんが売れる理由記事一覧

人間にも嫌いな音があるように、猫にも嫌いな音があります。その嫌いな音と、猫の学習能力を利用したのが番人くんです。でも、この猫が嫌いな音、人間にとってはモスキート音なので、うるさいと感じることはありません。嫌いな音私たち人間が嫌いな音と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「黒板や摺り硝子を爪で引っ掻くような音」が思い浮かびます。実際に聴こえていなくても、想像しただけで背筋がゾクッとして鳥肌が立ちますが、こ...

一番お得な販売店番人くんを買うとき、最安値の価格はどこ?高価な野良猫対策グッズも、探し方によってはお得に購入できます。番人くんの最安値販売店はコチラです。この「番人くん」をお得に買うには、どこが良いのでしょうか?番人くんは、大手モールはamazonでのみ販売されており、楽天やYAHOO!ショッピングでは販売されていません。そして、最安値で購入できるのはamazonではありません。さらに、amazo...

番人くん公式サイトの5つの安心全額返金保証 こんな「番人くん」ですが、購入者の約5%の方に「効果が無かった」と報告されています。 そこで、そんなお客様には「全額返金保証」というサービスが付いていますので、安心 してお求めください。全額キャッシュバック 「番人くん」で野良猫の撃退に成功した方で、  ・番人くんを設置した場所の写真1枚  ・番人くんを使用した感想(800文字以上) をメールで送って下さ...

番人くんを設置してから、こんなに効果がありました。ご購入者の皆さんからの評判、生の声です。「番人くんは効果なし」という皆さん、もう一度周波数などを調整して設置してみてください。ユーザーさん ★★★★★効果抜群番人くんを設置して、10日目くらいで糞の被害が劇的に減りました。家に来なくなったわけではありませんが、音波が届いていると思われる範囲は被害がありません。H県のKさん ★★★★★雨でも使えます雨...

一年中働く番人くん春の野良猫被害春の野良猫で困るのは、暑さ・寒さを気にすることなく、動きが活発化することと、発情期もあって、猫同士の交尾や喧嘩などの接触が増えることにあります。発情期メス猫の発情期が1月〜2月、5月〜6月、8月〜9月とあり、オスの発情期は メスに誘発される形となります。 あっちこっちでさかり声や、オス同士の喧嘩の他、少量のおしっこをまき散らす スプレー行為が見られ、人間にとって迷惑...